【実施中】ダイナースの最新入会キャンペーン!

プラチナカードにはステータス(社会的地位)を期待しない

カード選びで悩んでいる全ての方に伝えたい、私が出した結論です。

【私のルール】プラチナカードを申し込むときは、ステータスを求めない。

ちなみに現在、紆余曲折を経て年会費25,000円(税抜)のクレジットカードを使っていますが、ステータスを感じる機会はありません。年会費10万円以上のカードでもそれは同様です。私は、付帯される優待/サービスのために使っています。

ここをしっかり理解していないと、(私と同じように)カード選びで後悔してしまうのではと思います。

この結論に至り、カード選びで気をつけていることをまとめました。

高額な年会費はハイレベルな優待/サービスと発行元の利益

年会費無料のカードがある一方で、年会費5万円を超えるハイグレードなカードがあります。

(以下、この記事では総称してプラチナカードと書かせて頂きます)

代表的な高額年会費の例

カード名称 年会費(税抜)
三井住友VISAプラチナ 50,000円
JCB The Class 50,000円
ダイナースプレミアム 130,000円
アメックスプラチナ 130,000円
アメックスセンチュリオン 350,000円

例えば、ダイナースプレミアムであれば、カード利用額に対するポイント還元率が1.5%(通常は1.0%)となります。一見、かなり得するように感じますが、このメリットを享受できると決済額を試算してみましょう。

(130,000円-22,000円)÷(1.5%-1.0%)=21,600,000円

ダイナースクラブの年会費22,000円との差額である108,000円埋めるためは、年間2,160万円利用しなければなりません。ダイナースプレミアム特有の優待/サービスを使えば差は縮まりますが、冷静になるとかなり厳しいです。

三井住友VISAプラチナやJCB The Classは年会費が50,000円であり、それぞれ20,000円前後のプレゼントが貰えます。しかし、カタログから選べるといっても、自分で好きなタイミングで好きな物を買った方がよいという考えもあるでしょう。ゴールドカード年会費10,000円より40,000円高い年会費を負担しても、ポイント還元率の改善はかなり限定的です。

では、プラチナカードの高額な年会費をどう説明するか?

プラチナカードの年会費が高い理由
  • より充実した優待/サービス提供のための原資
  • 原資から余った分はカード発行会社の利益
  • それをイメージ戦略で上手にプロモーション

このように整理できるわけです。

もちろん世の中にはお金を持っている人がたくさんいますが、それよりもさらに多くの普通の人にとって必要なシロモノなのかを考える必要があります。

高額な年会費は、どれだけその年に特典を使ったかに関わらず、機械的に毎年請求されてきます。

年会費5万円のカードでも、10年使えば50万円です。これ以上のメリットを得られるかを冷静になって考える必要があります。

ステータスは何のため? 私が思う本質的なステータス

誰でもちょっと妄信的になりがちです

洗練されたカード券面のデザイン、素敵なカードのうたい文句、特典の広告を目にして舞い上がってしまいます。プラチナカードを手にした自分を想像して、つい欲しくなってしまうのです。

社会人としてのステータス

同じ会社の人であろうと、他社の人であろうと、友人であろうと、ステータスを誇る必要があるか、という論点があります。

いずれにしても、まず個人のステータスは必要ないです!

同じ会社の人は、同じ給与水準である人がほとんどです。給与テーブルが同じである限り、何歳だと年収が何万年かは簡単に想像が付きます。

他社の人(取引先や同業者)との関係性においても、担当個人のステータスなど気にされることすらありません。サラリーマンであれば会社としての立場をもって接します。何かを期待しない方がいいです。

友人に自慢したいという人もいるかもしれませんが、クレジットカードに興味ない方がほとんどです。仮にカードを知っていても、「すごい」と褒めてくれる一方で、嫉妬や反感を買っているだけかもしれません。

デートするときのステータス

異性へのアピールなると考えているなら、それこそ大きな勘違いです。

年会が高額なクレジットカードで顔色を変える異性なんてやめておいた方がいいです。

社会人になったばかりの相手に対してであれば一定の効果はあるかもしれませんが、それも最初だけです。

ここまで読んだところで、「何様!?」と、上から目線に感じてしまったら申し訳ありません。

しかし、私は一般的な外見の普通のサラリーマンですが、とても可愛くて結婚生活に何の不満もない奥さんを射止めることができました。

そこに至るまでの経験をもとにした独断と偏見によると、プラチナカードを持っていることが異性としての格(ステータス)を上げることはまずありません。

  • 倫理観において似た価値観を持っている
  • 気をつかわず素直な自分と楽しく話ができる
  • 相手のために可能な範囲で努力できる

そんな人こそ、相手の心を掴む本質なのではないでしょうか!

あれ? これ何の記事でしたっけ。なぜか、ぜんぜん関係ない話になってしまいました…。

意味がないわけではない

ここまでステータスなどない、というように書いてしまいましたが、一部限られたタイミングではプラチナカードは「ステータス」としての機能を果たすことがあります。

「ステータス」は、もしかしたら高額な年会費を毎年負担できるという意味において存在します。

ただし、支払いを担当するスタッフの方にカードの知識があるケースは限られています。さらにカードの年会費、入会の難しさを分かってもらえたとしても何か特別なこと(サービスが良くなるなど)に繋がることはありません。

ステータスや憧れではなく、機能で選びましょう

クレジットカードが好きな人にとっても、ご自身にとってちょうどいい年会費と優待/サービスのバランスであるカードを見つけることが、一番幸せなのかなぁと思います。

あとになって無駄なお金を払っていたと後悔するようなことは、誰だってしたくないはずです。私はかつて少しだけ後悔したことがありました。

私にとっては、年会費2~3万円がちょうどよく、現在は「銀座ダイナースクラブカード」を愛用しています。コスパ良く、とても楽しく使えていますよ。

このサイトでは、「背伸びしてプラチナカード」より「特典を使ってメリットが年会費を上回るダイナース(レギュラー)」をおすすめします。

私が銀座ダイナースクラブカードを選んだ経緯

ダイナースのおすすめ4種類!一般/銀座/ANA/JALの違い

ダイナースプレミアムを含むプラチナカードは、年収3,000万以上の方、もしくは個人事業主の方が取得するカードだと思っています。

以上、「クレジットカードにはステータス(社会的地位)を期待しない」でした。

カード申し込み前には必ずチェック!

現在実施中のCPと過去1年に実施されたCPを比較
ダイナースの入会キャンペーン

【随時更新】“本当にお得?”評価も掲載


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です