【実施中】ダイナースの最新入会キャンペーン!

MileagePlus ダイナースクラブカードの超解説 | 年会費と優待/特典

筆者はダイナースのユーザーとしてファンになって以来、様々なサービスを利用しています。

これから利用しようとする方に向けて全体像をなるべく完結に分かりやすくまとめてみました

ANAと同じスターアライアンスに属するのユナイテッド航空(アメリカ)のマイルが貯まるMileagePlus(マイレージプラス)ダイナースクラブカードについて、年会費、家族カード(追加カード)、優待/特典、ポイント、付帯保険について解説します。

また、上位カードであるMileagePlus ダイナースクラブファーストも併せて解説します。

MileagePlus ダイナースクラブカードの年会費

年会費(本会員/家族カード)

MileagePlus ダイナースクラブカード

MileagePlus ダイナースクラブ 年会費(税抜)
本会員 家族会員
28,000円 9,000円

100円利用につき1マイルが貯まるユナイテッド航空との提携カードです。なお、ユナイテッドはANAと同じスターアライアンス所属です。

MileagePlus ダイナースクラブファースト

MileagePLUS ダイナースクラブファースト 年会費(税抜)
本会員 家族会員
43,000円 9,000円

100円利用につき1.5マイルが貯まります。しかし年会費が+15,000円と高いので、メリットを見いだせる人は限られている1枚です。

ユナイテッド空港提携のMileagePlusは、航空会社提携カードでも唯一、年会費の上位カードの設定があります。ポイント関係以外の機能は同じになります。

家族カードは本会員と同様のベネフィット

MileagePlus ダイナースクラブカードの家族カード
  • グルメ関係やイベントなど優待
  • 国内/海外の空港ラウンジ利用が無料
  • 最高1億円の旅行保険

これらの優待特典が、いずれも本会員と同等の内容で使えます。

家族カードは、本会員の家族に対して発行できる機能を同じくしたクレジットカードです。家族カードの利用分も含めて本会員に請求が集まり、請求明細ごとに利用者が分かるようになっています。そのためポイントやマイルも本会員に付与されます。

申し込み対象の資格は、「本会員の配偶者の方、ご両親、18歳以上のお子様」となっています。

ETCカードは5枚まで無料

ダイナースのETCカード

ダイナースクラブカード1枚につき、会員様ご本人が所有する車両台数(車載器台数)に応じ、ETCカードを5枚まで発行が可能です。

ダイナースはETCカードを無料で発行できます。年会費が安価なクレジットカードのは有料であることが多いです。

このETCカード、VISA、JCBのクレジットカードで発行できるものより、ダイナースやアメックスで発行できるものの方がクールなデザインなので気に入っています。

MileagePlus ダイナースクラブカードの優待/特典/サービス

ダイナースクラブ共通の優待/特典/サービス

MileagePlus ダイナースは、ダイナースクラブカード共通の優待/特典/サービスが利用できます。

ダイナースクラブカードの真骨頂はまさにこれら優待特典です。カードを手にしたらガンガン使いたいお得なサービスが揃っています。

以下は代表的な優待特典/サービスですが、これ以外にも細々としたものがたくさんあります。

ここでは語りきれない内容ですので、以下の記事で一覧にしてまとめています。

ダイナースクラブの優待/特典/サービス一覧まとめ

ページ下部にもリンクを貼ってあるので、この記事のあとに読んでみて下さい。

MileagePlus ダイナースの特徴となる独自の優待

他のダイナースにはない、デルタスカイマイルダイナース独自の優待は以下の通りです。

MileagePlus ダイナース独自の優待
  • 入会で5,000マイル、2年目以降の更新時に2,000マイルのボーナス
  • ファーストは入会で10,000マイル、2年目以降の更新時に5,000マイル

カードの年会費の一部がマイルで戻ってくると考えてよいかと思います。しかし、ハイペースでマイルを貯めるためには嬉しい優待です。

MileagePlus ダイナースクラブカードのポイントプログラム

MileagePlus ダイナースはカード利用でポイントを通すことなく直接ユナイテッド航空のマイルが貯まります。

カード利用100円=1マイル(ファーストは1.5マイル)
  • 100円で1マイルの積算率でマイルがたまります
  • ファーストであれば100円につき1.5マイルたまります
  • マイルはカード利用1件ごとに換算(無駄がない)

※ 海外での利用であれば2.0マイル

他の航空会社提携カードが100円利用につき1マイル付与に対し、デルタは1.5マイル付与されます。しかし、一方でデルタは特典航空券に必要なマイルが他社と比べ多いため注意が必要です

ただし、ユナイテッドは2019年にマイルの有効期限廃止しています。

そのため、ビジネスクラスであれ、ファーストクラスであれ、有効期限を気にせずにゆっくり貯めることで現実的に狙うことが可能になります。

MileagePlus ダイナースクラブカードの保険(旅行保険ほか)

付帯保険(申し込みが不要)

付帯保険は、カードの標準機能として年会費に含まれています。ダイナースのいずれのカードも海外旅行保険、国内旅行傷害保険、ショッピングリカバリーが付与されています。

保険金は下表の通りで、MileagePlus ダイナースは「提携」にカテゴライズされます。

海外旅行保険
  一般/提携 ANA/JAL
傷害死亡・後遺障害 最高1億円
傷害治療費用 300万円
疾病治療費用 300万円
賠償責任 1億円
携行品損害 50万円
救援者費用 300万円 400万円
国内旅行傷害保険
  一般/提携 ANA/JAL
傷害死亡・後遺障害 最高1億円
入院(日額) 5,000円 10,000円
手術 5~20万円 10~40万円
通院(日額) 3,000円
ショッピングリカバリー
動産総合保険(自己負担1万円) 500万円

ショッピングリカバリーは、ダイナースクラブカードで購入された商品が壊れた場合や盗まれた場合などに、年間500万円まで補償を受けることができます。

有料保険(申し込みが必要)

カード付帯保険にプラスして、さらに補償を手厚くしたい方には「海外旅行保険 プラス」、それ以外にも自動車保険、ゴルファー保険、ケガの保険、ペット保険などが用意されています。

公式サイトには上記各種有料保険が掲載されています。その多くは大手の信頼性の高いサービスですが、特段他のネット保険と比べて安いわけでもありません(高くもありませんが)。

何か保険に入りたいと思ったときに「そういえばダイナースで紹介していたな」と思い返せるよう頭の片隅に入れておく程度でよいと思います。

MileagePlus ダイナースクラブカードの超解説まとめ

MileagePlus ダイナースクラブカードの全体像を把握できるよう、ざっくり解説しました。

ダイナースを語るうえで強くPRしておきたいのは、ダイナースの真髄である優待/特典/サービスではないでしょうか。

使えば使うほど、本当に得します。

ダイナースクラブの優待/特典/サービス一覧まとめ

カード選びのためライナップを確認したい方はこちら▼

ダイナースのラインナップ一覧と特徴の解説

以上、「MileagePlus ダイナースクラブカードの超解説 | 年会費と優待/特典」でした。

カード申し込み前には必ずチェック!

現在実施中のCPと過去1年に実施されたCPを比較
ダイナースの入会キャンペーン

【随時更新】“本当にお得?”評価も掲載


カテゴリー