【実施中】ダイナースの最新入会キャンペーン!

ダイナースクラブカードの超解説 | 年会費と優待/特典

筆者はダイナースのユーザーとしてファンになって以来、様々なサービスを利用しています。

これから利用しようとする方に向けて全体像をなるべく完結に分かりやすくまとめてみました。

この記事ではおすすめカードの4種類のうちの1枚、いわゆるレギュラーカードであるダイナースクラブカードについて年会費、家族カード(追加カード)、優待/特典、ポイント、付帯保険について解説します。

ダイナースクラブカードの年会費

年会費(本会員/家族カード)

ダイナースクラブ 年会費(税抜)
本会員 家族会員
22,000円 5,000円

スタンダードであり、一番年会費が安いのが特徴です。カード券面がシンプルでかっこいいのも魅力です(個人的には重要なポイント)。

ライバルであるアメックスゴールドが29,000円であることを考えると安いですね。

ちなみにアメックスゴールドは家族カードの1枚目が無料、2枚目からは12,000円となります。私自身がダイナース利用者であるため贔屓目もありますが、アメックスはちょっと高過ぎる気がします。

家族カードは本会員と同様のベネフィット

ダイナースの家族カードの特徴
  • グルメ関係やイベントなど優待
  • 国内/海外の空港ラウンジ利用が無料
  • 最高1億円の旅行保険

これらの優待特典が、いずれも本会員と同等の内容で使えます。

家族カードは、本会員の家族に対して発行できる機能を同じくしたクレジットカードです。家族カードの利用分も含めて本会員に請求が集まり、請求明細ごとに利用者が分かるようになっています。そのためポイントやマイルも本会員に付与されます。

申し込み対象の資格は、「本会員の配偶者の方、ご両親、18歳以上のお子様」となっています。

ETCカードは5枚まで無料

ダイナースのETCカード

ダイナースクラブカード1枚につき、会員様ご本人が所有する車両台数(車載器台数)に応じ、ETCカードを5枚まで発行が可能です。

ダイナースはETCカードを無料で発行できます。年会費が安価なクレジットカードのは有料であることが多いです。

このETCカード、VISA、JCBのクレジットカードで発行できるものより、ダイナースやアメックスで発行できるものの方がクールなデザインなので気に入っています。

コンパニオンカードの追加が無料

ダイナースクラブカード(レギュラーカード)の利用者は、本会員・家族会員共にTRUST CLUB プラチナマスターカードを追加申し込みすることができます。

単体で申し込むと年会費3,000円(税抜)のクレジットカードですが無料で使えます。

ポイント、請求、ご利用代金明細をダイナースクラブカードに一本化することができるため、追加発行しても管理は楽です。家族会員も無料で持つことができます。

まだ使えないエリアも多いため、ダイナースだけで海外に行くのは難しい。そんな悩みに対する、ダイナースが1つのアンサーとして提供されたサービスです。

コンパニオンカード超解説(ダイナース/プレミアム)メリット&デメリット

ダイナースクラブカードの優待/特典/サービス

ダイナースクラブカードの真骨頂はまさにこれら優待特典です。カードを手にしたらガンガン使いたいお得なサービスが揃っています。

以下は代表的な優待特典/サービスですが、これ以外にも細々としたものがたくさんあります。

ここでは語りきれない内容ですので、以下の記事で一覧にしてまとめています。

ダイナースクラブの優待/特典/サービス一覧まとめ

ページ下部にもリンクを貼ってあるので、この記事のあとに読んでみて下さい。

ダイナースクラブカードのポイントプログラム

ダイナース リワードポイント

JALダイナースや外資系航空会社提携カードを除き、ダイナース(レギュラーカード)、銀座ダイナース、ANAダイナースなどは同一のポイントプログラムが採用されています。

リワードポイント
  • 100円の利用につき1ポイント貯まります
  • 取得したポイントは有効期限がありません

ちなみに「ANAダイナース」は、貯めたポイントを移行手数料無料、移行上限なしでANAマイルに交換することができます。100円=1マイルの還元率です。

リワードポイントの整理と解説(おすすめ交換先はマイル一択)

ダイナースクラブカードの保険(旅行保険ほか)

付帯保険(申し込みが不要)

付帯保険は、カードの標準機能として年会費に含まれています。ダイナースのいずれのカードも海外旅行保険、国内旅行傷害保険、ショッピングリカバリーが付与されています。

海外旅行保険
  一般/提携 ANA/JAL
傷害死亡・後遺障害 最高1億円
傷害治療費用 300万円
疾病治療費用 300万円
賠償責任 1億円
携行品損害 50万円
救援者費用 300万円 400万円
国内旅行傷害保険
  一般/提携 ANA/JAL
傷害死亡・後遺障害 最高1億円
入院(日額) 5,000円 10,000円
手術 5~20万円 10~40万円
通院(日額) 3,000円
ショッピングリカバリー
動産総合保険(自己負担1万円) 500万円

ショッピングリカバリーは、ダイナースクラブカードで購入された商品が壊れた場合や盗まれた場合などに、年間500万円まで補償を受けることができます。

有料保険(申し込みが必要)

カード付帯保険にプラスして、さらに補償を手厚くしたい方には「海外旅行保険 プラス」、それ以外にも自動車保険、ゴルファー保険、ケガの保険、ペット保険などが用意されています。

公式サイトには上記各種有料保険が掲載されています。その多くは大手の信頼性の高いサービスですが、特段他のネット保険と比べて安いわけでもありません(高くもありませんが)。

何か保険に入りたいと思ったときに「そういえばダイナースで紹介していたな」と思い返せるよう頭の片隅に入れておく程度でよいと思います。

ダイナースクラブカードの超解説まとめ

ダイナースクラブカードの全体像を把握できるよう、ざっくり解説しました。総括すると他社ゴールドカード以上、プラチナカード未満のスペックと言ったところでしょうか。

ここで強くPRしておきたいのは、ダイナースの真髄である優待/特典/サービスです。

使えば使うほど、本当に得します。

一覧にして解説した記事はこちらです▼

ダイナースクラブの優待/特典/サービス一覧まとめ

カード選びのためライナップを確認したい方はこちら▼

ダイナースのラインナップ一覧と特徴の解説

以上、「ダイナースクラブカードの超解説 | 年会費と優待/特典」でした。

カード申し込み前には必ずチェック!

現在実施中のCPと過去1年に実施されたCPを比較
ダイナースの入会キャンペーン

【随時更新】“本当にお得?”評価も掲載


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です