【実施中】ダイナースの最新入会キャンペーン!

成田空港第1・第2ターミナルのTEI・IASSラウンジを利用しました

ダイナースクラブカードがあれば、国際線の空港ラウンジも利用できます。

この記事では、国内で最も大きなハブ空港である成田空港のラウンジをご紹介します。

成田空港国際線で利用できるカードラウンジ一覧

成田空港国際線利用時には、ダイナースクラブカードの提示で利用ができるクレジットカードラウンジがあります。

ダイナースで利用できる成田空港のカードラウンジ
  • ビジネス&トラベルサポートセンター内(TEI)ラウンジ
  • IASS Executive Lounge

TEIラウンジもIASSラウンジも、第1ターミナル、第2ターミナル、それぞれに設置されています。

つまり、第3ターミナル利用時以外のとき、いつでも旅の前に休憩できるということです。

空港(ターミナル) 利用可能な営業時間
TEIラウンジ 7:00~21:00
IASSラウンジ 7:00~21:00

この記事では、この2つのラウンジを、第1ターミナル、第2ターミナルそれぞれ解説していきます。

なお、第1ターミナル利用時であれば、手荷物検査を終えた制限区域内にあるKALラウンジも利用できます。ここはアルコールと軽食も提供されている航空会社ラウンジです。

成田空港第1ターミナルと関西空港のKALラウンジを利用しました

正直、この記事で紹介するクレジットカードよりレベルが高いため、第1ターミナル利用時は早々に出国手続きを終えてこちらのラウンジで休まれることをおすすめします。

成田空港第1ターミナルで利用できるラウンジ

こちらは成田空港第一ビルの5階のマップです。

  • 「97」…TEIラウンジ
  • 「100」…IASSラウンジ

2つのラウンジはかなり近い位置にあります。

ビジネス&トラベルサポートセンター内(TEI)ラウンジ

先に結論を書いてしまいましょう。個人的には、こちらの方がおすすめです。

まず、IASSラウンジに比較して空いているという点です。

ダイナースクラブカード以外の国際ブランド(JCB、VISA、MASTER、AMEX)の場合、ゴールドカード以上であるだけでは利用できず、ライフカードや楽天カードといった特定のカードしか利用できません。

TEIラウンジに実際に入ってみると、ややクラシカルで静かな空間があります。

どことなく設備に昭和感が漂う設備ですが、いい意味で落ち着く雰囲気です。

ソフトドリンクも各種揃っていました。空いていましたし、お子さん連れでもいい休憩場所になりそうです。

アルコールは1杯無料とのことでしたので、リストから好きなものを選びます。

私はスパークリングワインを頂きました。個人的に、スパークリングが選べるのがとても嬉しいです。IASSラウンジにはないので、これも私がTEIラウンジを気に入っている理由の1つです。

とても冷えていてクイッといけてしまいます。チーズも貰ってほっと一息。

IASS Executive Lounge

続いて入ったIASSラウンジは、先ほどのTEIラウンジより込み合っていました。

このラウンジを利用可能なクレジットカードの種類が多いからかもしれません。

ラウンジ内は椅子が並んでおり、テーブル席がないので家族連れだと少しゆっくりはしにくいかなぁといった印象です。

ソフトドリンクはドリンクバーによりセルフサービスで提供されています。これだけあれば喉を潤すには十分でしょう。

受付では、アルコール1杯が提供頂けます。こちらもビールなどのリストからハイボールを選びました。

缶のブラックニッカハイボールが提供されました。その場で作ってくれるようなサービスだとより嬉しかったのですが、贅沢は言えませんね〜。おつまみには柿ピーが自由に取れるようになっています。

成田空港第2ターミナルで利用できるラウンジ

基本的な設備、提供サービスは第1ターミナルと同様ですが、第2ターミナルもご紹介します。

  • 「22」…IASSラウンジ
  • 「68」…TEIラウンジ

ビジネス&トラベルサポートセンター内(TEI)ラウンジ

利用資格があるクレジットカードは、基本的に第1ターミナルと同じですね。

受付でダイナースクラブカードと当日の搭乗券を提示し、好きなアルコールを1杯選びます。

PCやコピー機があります。右2つのPCにはESTA申請用の札が掛かっています。空港到着時点でESTAを申請しなければならない自体だとしたら、かなりピンチですね…(笑)

派手ではありませんが、キレイで過ごしやすいです。

テーブル席では、2人組、4人組でも使いやすそうです。

ジュースやコーヒーのドリンクバー、そしてお湯で作る紅茶とオニオンスープが用意されています。

私が選んだアルコールはスパークリングワインです。TEIラウンジは本当によく冷えていて美味しいです。

チーズとちょっとしたおつまみが提供されました。ここで休めば元気に出発できます!

IASS Executive Lounge

第1ターミナルだけでなく、第2ターミナルのIASSラウンジも混んでいました。やはりラウンジが利用できるクレジットカードが多いため、人が集まるのでしょう。

ダイナースクラブカードと当日の搭乗券で受付してもらいます。ここでもアルコールを1杯選べます。

ラウンジ内はモダンな感じでいい雰囲気ではあるのですが、この写真を見て分かる通り混雑ぎみになりがちです。

しかしスマホの充電ができたり、座ってゆっくりすることはできます。出国前にゆっくりできる価値は計り知れないものがあります。

ドリンクバー、コーヒーメーカーがあるので、ソフトドリンクはバッチリです。

私が選んだアルコールは、ウイスキーの水割りです。第1ターミナルのIASSラウンジのハイボールはイマイチだったので、水割りにしてみたところ、「白角水割」という缶を頂きました。

白角水割、これはけっこう美味しいです。意外に楽しめました。柿ピーと一緒に頂きました。

ダイナースクラブで利用できる空港ラウンジ

TEIラウンジ、アルコールは1杯までとなり、軽食の提供もありませんが、けっこう気に入って使っています。

IASSも決して悪いわけではないのですが、どうしても混雑しがちなのが難点ですね。

しかし、これらのラウンジは手荷物検査前にあるため、同行者と待ち合わせするときの時間潰しに使えます。

クレジットカードラウンジも、使い勝手は悪くないです。

ただ、第1ターミナル利用時(ANAほか、スターアライアンス加盟航空会社等)であれば、KALラウンジの利用をおすすめしたいと思います。アルコールもフリー、軽食もあるラウンジを使わない手はありません。

成田空港第1ターミナルと関西空港のKALラウンジを利用しました

そのほか、ダイナースクラブカードでの空港ラウンジ利用はこちらの記事に全貌をまとめています。

ダイナースの空港ラウンジ利用は超簡単!プライオリティ・パス以上の利便性

以上、「成田空港第1・第2ターミナルのTEI・IASSラウンジを利用しました」でした。

カード申し込み前には必ずチェック!

現在実施中のCPと過去1年に実施されたCPを比較
ダイナースの入会キャンペーン

【随時更新】“本当にお得?”評価も掲載


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です