【実施中】ダイナースの最新入会キャンペーン!

ダイナースクラブの付帯保険を解説!公式アプリを使おう

クレジットカードの付帯保険の一般論として、もっとも大事なのはポイントは、海外旅行保険の「傷害治療費用」と「疾病治療費用」という記事を書きました。

クレカの海外旅行保険で重要な項目は治療保険の金額です

この記事では、私が使い込んでいるダイナースクラブカードの海外旅行保険の全体像を解説していきたいと思います。

ダイナースクラブカードの付帯旅行保険

付帯保険の各項目ごとの金額一覧

まずはダイナースクラブカードの付帯保険の内容を見てみましょう。

JALダイナースとANAダイナース以外の保険料は同じ金額です。

海外旅行保険
  一般/提携 ANA/JAL
傷害死亡・後遺障害 最高1億円
傷害治療費用 300万円
疾病治療費用 300万円
賠償責任 1億円
携行品損害 50万円
救援者費用 300万円 400万円
国内旅行傷害保険
  一般/提携 ANA/JAL
傷害死亡・後遺障害 最高1億円
入院(日額) 5,000円 10,000円
手術 5~20万円 10~40万円
通院(日額) 3,000円
ショッピングリカバリー
動産総合保険(自己負担1万円) 500万円

ショッピングリカバリーは、ダイナースクラブカードで購入された商品が壊れた場合や盗まれた場合などに、年間500万円まで補償を受けることができます。

ダイナースの海外旅行保険を解説

ダイナースの海外旅行保険について項目ごとの内容を解説します。いずれも自動付帯で、基本的には旅行がダイナースの会員期間内であることで適用となります。

障害死亡・後遺障害は、本人に重大な過失がなく、偶然の事故が原因で死亡、または後遺障害が生じた場合に支払われます。自動付帯で5,000万円、利用付帯(ダイナースの決済で買った旅券・ツアーで行った旅行の場合)にさらに5,000万円で最大1億円です。

障害治療費用は、偶然な事故によってケガをし、そのケガが直接の原因となり医師の治療を受けた場合に支払われます。1事故につき限度額300万円です。

疾病治療費用は、旅行出発以降に発病した病気により旅行終了の72時間以内に医師の治療を受けた場合に支払われます。1疾病につき限度額300万円です。

賠償責任は、旅行中に偶然な事故により誤って他人にケガをさせたり、他人のものを壊したり紛失したりして損害を与え、法律上の損害賠償責任を負った場合に支払われます。1事故につき限度額1億円です。

携行品損害は、旅行中に被保険者の携行品(カメラ、カバン、衣類など)が盗難・破損・火災などの偶然な事故にあって損害を受けた場合に支払われます。1事故・1旅行中につき限度額50万円です。

救援車費用は、被保険者が事故や病気で3日以上の入院をしたり、その他の理由で必要になった捜索救助費用や親族の現地までの渡航費用や宿泊費が支払われます。実際に支出した金額のうち保険会社が妥当と認めた金額が対象で、限度額300万円(ANAダイナースとJALダイナースは400万円)です。

障害治療費用と疾病治療費用が超重要なのは間違いないです。ここが一番大事です。しかしこう見ると、意外と賠償責任や携行品損害も安心感あっていいですね。

(おまけ)国内旅行保険を解説

国内旅行保険を気にする方は少ないかもしれませんが解説します。海外旅行保険とは違い、公共交通機関や宿泊費用、ツアー料金をダイナースで支払った場合のみ適用される利用付帯(ANAダイナースとJALダイナースは一部を除き自動付帯)です。

※ ANAダイナースとJALダイナースは自動付帯で、障害死亡・後遺障害の5,000万円分のみ利用付帯です

障害死亡・後遺障害は、旅行中の偶然な事故によるケガが原因で180日以内に死亡または後遺障害が生じた場合に支払われます。

入院は、旅行中の偶然な事故によるケガが原因で医師の指示に基づき入院し、事故日を含めて7日目以降において入院が継続されている場合に支払われます。

手術は、入院保険金を支払う場合に手術を受けられたとき、手術の種類に応じた金額が支払われます。

通院は、旅行中の偶然な事故によるケガが原因で、医師の指示に基づき通院されたときに、事故日を含めて7日目以降において入院が継続されている場合に支払われます。

日本ではほとんどの人が健康保険が使えるでしょうから、海外ほど手厚くはありませんが安心のために旅費をダイナースで支払うのもよいでしょう。

海外で何かあったときのために

海外緊急アシスタンスサービス

海外緊急アシスタンスサービスは海外旅行保険に付帯するサービスです。つまり無料です。ダイナースが東京海上日動にサービスの運営を委託しています。

病気でも怪我でも、実際になにかトラブルがあったときは、まずはこちらに連絡します。

海外緊急アシスタンスサービス
  • エマージェンシーアシスタンス
  • 海外からの緊急医療相談サービス
  • キャッシュレス・メディカル・サービス

エマージェンシアシスタンスは24時間・年中無休で海外旅行中に病気やケガをしたときの相談窓口です。何かあったらとにかくここに電話すればOK。

総合サポートデスクなので、「保険が使えると思うんだけど、どこに確認すればいいんだろう」「近くに病院あるのかな」というとき、とにかく一度電話すればコトは進むので安心です。

海外からの緊急医療相談サービスも24時間・年中無休の無料電話相談サービスです。日本人医師・看護師による無料電話相談サービスを受けられます。もちろん日本語です。

キャッシュレス・メディカル・サービス東京海上日動提携病院において、その場で自己負担することなく治療が受けられます。 高額医療費を一時立替せずに済みます。

海外緊急アシスタンスサービス | トラベル優待 | ダイナースクラブ

緊急連絡先のメモ代わりに公式アプリが便利

ここまで付帯保険の内容を解説してきましたが、最後に重要なことについて触れておきます。

せっかく考えを巡らせて旅行保険の準備をしたとしても、いざ渡航先でトラブルが起きたときの対応をイメージできてますか?

怪我や病気になり、土地勘もなく言葉も通じにくい海外で、いざ対応を迫られたときのために連絡先(コールセンター・海外緊急アシスタンス)を備えておくべきなんです。

ダイナースの公式アプリには、連絡先が一覧になったメニューが存在します。これなら即アクセス可能です。急なトラブルだと慌ててしまうので、検索してる余裕があるか分かりません。

国際電話は高いのでホテルに借りるのもありですが、この窓口はコレクトコールにするのもOK、ご自身のスマホからかけて折り返しにしてもらうのもOKとされています。

[/open]

日本人がよく行く旅行先のフリーダイヤルを抜粋しました。

アメリカ本土
カナダ
ハワイ
1-800-446-5571
1-800-665-6779
1-800-446-5571
イギリス
イタリア
スイス
スペイン
ドイツ
フランス
ポルトガル
0800-028-6560
800-8-70715
0800-55-5692
9009981-64
0800-1-81-1391
0800-909634
800-8-81-127
インドネシア
韓国
シンガポール
タイ
台湾
中国①
中国②
トルコ
香港
マレーシア
001-803-81-0154
00798-81-1-0068
800-811-0423
001-800-811-0215
0080-181-2233
10800-811-2228
10800-281-2228
00-800-8191-9166
800-96-6933
1800-80-3072
オーストラリア
グアム
サイパン
ニュージーランド
1-800-146-401
1-888-841-7905
1-866-666-5127
0800-44-8461

中国①…山西省、河南省、山東省以北(北京、天津、大連等)
中国②…上記以外(上海、広州、南京等)

ダイナース公式アプリのインストール(APP Store/Google Play)

ダイナースのスマホアプリの口コミ分析と機能解説

クレカの海外旅行保険で重要な項目は治療保険の金額です

以上、「ダイナースクラブの海外旅行傷害付帯保険を解説」でした。

カード申し込み前には必ずチェック!

現在実施中のCPと過去1年に実施されたCPを比較
ダイナースの入会キャンペーン

【随時更新】“本当にお得?”評価も掲載


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です